deepacidの銭湯ブログ

銭湯訪問ブログ

フォトアルバム

田沢湖線普通列車奥羽本線、秋田・星の湯

https://photos.app.goo.gl/c99zMBTysq4FLDmZ6

 
陸羽西線+新庄・スーパー温泉しみずの湯
 
弘前・長寿湯
 
弘前・白菊温泉跡地
 
 
板柳温泉跡地
 
板柳町・高増温泉不動の湯

高増温泉不動の湯(青森県北津軽郡板柳町大俵字和田422-3)


f:id:deepacid:20210723162845j:image

f:id:deepacid:20210723162839j:image
 五能線(初乗り!)に乗って弘前から板柳へ。銭湯マップを見ると「いとみち」の舞台になった板柳町には銭湯が2軒あるのか。ここ不動の湯はネットでも検索できたが、板柳温泉大衆浴場(板柳町大字福野田字実田47-13、8:00-21:00、木曜休)はヒットしない。こちらは廃業かな。
 いずれにせよ、不動の湯は駅から遠い。暑さとの戦い。五能線、さすが津軽、車窓が延々とりんご畑。板柳下車、そのりんご畑を延々と北北東へ3km強、冬の青森は積雪を何とかしのぎ、夏の青森は猛暑を何とかしのぐ。いや、これは冬よりきついな、まさか津軽熱中症キリギリの旅をするとはね。
 それはともかく、高増温泉不動の湯、りんご畑の奥地に神社と並んで鎮座、どう見ても車でしか来れない。ケアホーム併設。
 窓口で料金400円。その奥に男油女湯脱衣室ののれん。
 脱衣室はプラスチック籠のみ。まあお年寄りしかいないから良いか。体重計は家庭用TANITAのアナログ。
 浴室へ、おっ、ここは硫黄泉か?あの独特の香りがたまらん。湯道具は青緑色楕円形座椅子、青緑色洗面器。左側にカラン11機、右側に浴槽、手前が円形なのが面白い(決してジャグジーではない)。夏バテなので湯あたりだけは避けたい、ちょうど良い具合にカランがぬるめに設定(温度調節できるタイプ)されていて、ありがたかった。むしろかけ流しで浴槽から溢れてくる湯が足元に来るのが熱いくらい。かけ流しだとカランも節水する必要がないようで、地元の常連さんはカランの湯も流しっぱなしにしてる。むしろ節約してる自分がセコく感じられる(苦笑)。
 まあ夏バテしてても温泉度高い湯は気持いい。何と、向こうから閻魔様の石像がこっちを向いているではないか!ありがたく浸からせていただきました。帰りも夏バテせずに帰れるようお願いいたします。
 湯上がり、ビン入り乳飲料もあったと記憶してます(汗)、また3km炎天下を走って戻ることを考えるとそれどころじゃなかったw
 と言うことで、何とか無事、板柳駅に戻って来ましたが、何と、板柳温泉跡地は駅の真ん前30mくらいのところにあるじゃありませんか!灯台もと暗し、明治の木造建築みたいな立派な建物、でも入口には縄が張られていて中には入れません。廃業時期は不明ですが、また建物が残っていて良かったです。
f:id:deepacid:20210723162832j:image

スーパー銭湯しみずの湯(山形県新庄市五日町1284-35)


f:id:deepacid:20210722175045j:image
 由利高原鉄道の終点も温泉がないし(途中にゆりえもんがあるが、降りたら次の列車待ちが大変)、山形県も北部はあまり銭湯ないんだよね。と言うことで、新庄で陸羽西線から奥羽本線に乗換の際にスーパー銭湯。駅からもそんなに遠くないし。
 由利高原鉄道から羽越本線、酒田で乗換え、さらに陸羽西線で移動。羽後本荘でまた乗換時間があったが、秋田県でも猛暑はある、ジョギング散策はやめた方が良い(苦笑)。陸羽西線、なんと日に一本しかない快速に乗れたらしい、車両も貴重。陸羽西線北上線錦秋湖付近と並んで、いやそれ以上に沿線の川の流れが素晴らしい。この2路線は鉄道ファンでなくても乗る価値ありだ。
 さて新庄到着。やはり山形新幹線は他の新幹線と違うなあ。駅周辺、とりあえず前回の山形訪問で駅前を歩いたことはあるが、地理に詳しい訳ではない。北上して線路反対側まで行くとまるで不案内。回り道はしたが、なんとか到着。ショッピングセンターの奥にある、帰りに買い物しようか。
 スーパー銭湯と言うから600円くらいするのかな、と思いきや、450円、安い。あと、下駄箱ロッカーも脱衣ロッカーも百円玉返却式なので、電子マネー常用の方はご注意。
 ウヒャー、脱衣室が暑い!冷房が効かず、空気交換だけしてる。体重計は真っ白な家庭用、メーカー不明。
 浴室へ。まずかけ湯、湯の量が少ないな。汗をかきまくったのでまずは右側カラン(7機+10機)で身体と頭を洗う。湯道具は焦茶色の座椅子と洗面器。
 さて浴槽、左手壁側はジャグジーに寝風呂、でんき風呂、ジェットバス、でんき以外は全部押しボタン式。かなり広々。カラン側に透明湯と入浴剤薬湯、この薬湯がぬるくて暑い今日みたいな日には気持ちよく、人気。サウナはバスタオル着用のこと、とは別料金?(単なるマナーみたいですが)いずれにしてもこの猛暑、サウナには入るまでもないですが笑。さっきのぬる湯とは別に冷たい水風呂あり。
 湯上がり、ビン入り乳飲料はないので、普通のペットボトルジュース。とりあえず脱水症状寸前なので水分補給しないと。新庄駅までの帰りも、余裕があるとは言え急ぎ足、しっかり汗をかく。結局ショッピングセンターで買い物はしなかった。あとは電車で盛岡まで帰るだけ、4連休の1日目、無事終了。局地的大雨なんて予報もあったけど、結局ひたすら猛暑な1日。
 それにしても、屋外は休憩所だけと言うのが残念、露天風呂作れば良いのに。

#追伸、私の勘違いがありました。標準軌条で普通列車が走るのは田沢湖線だけだと言いましたが、奥羽本線も山形・新庄間は標準軌条の普通列車が走ります(山形から先は通常の狭軌に)。
f:id:deepacid:20210722175038j:image

秋田市・星の湯跡地見学


f:id:deepacid:20210722091806j:image
 秋田で乗換時間がだいぶある。これは2月に閉店した星の湯を見学しないと。秋田駅から約1.5km、朝だから多少涼しかったが、それでも往復して大汗。
 建物は残っている、と言うか、閉店した旨の貼り紙もなく、本当に閉店したのか外から見た限りでは分からない。でもググると確かに閉業とある。
 再び秋田駅へトンボ帰り、今のうちに立ち食いそばで食事しておかないと。
f:id:deepacid:20210722091801j:image

菊の湯(盛岡市茶畑)


f:id:deepacid:20210709214023j:image
 と言うことで、金曜銭湯訪問。会社帰りにまずはたい焼きで腹ごしらえ。新しい職場からの訪問は初めて!ちょっと道に迷った。仕事も辛かったが、雨で傘をささないといけない面倒臭さに心折れかけていたが、着いてみると空いている。久々にシャワーつきカランに座れる(小さい銭湯なので土日なんてすぐにカランがうまる)。
 何より仕事帰りの湯船が超極楽!週末前に生き返る。って感じ(花寺のどか風にw)、
f:id:deepacid:20210709214015j:image